アントシアニンの効果!

アントシアニンの効果がすごい!

アントシアニンを含む食材イメージ

綺麗な色合いで、甘くて美味しい!!

 

ストレスフリーに飲むだけでダイエットができる!!

 

と、SNSの口コミで話題の青の花茶。

 

今、大人気で、来る夏に向けて、青の花茶を飲んで理想の体重に向けてダイエットに励む女性が増えてきているようです。

 

そんな、青の花茶には痩せるために必要な成分がギュッと凝縮されているんですが、その中でも鍵を握る成分が、バタフライピー

 

青の花茶が、その名の通り、青く綺麗な色を醸し出すのも、このバタフライピーの効果なんです。

 

そして、そのバタフライピーの中に含まれている有効成分、『アントシアニン』が今回の記事の主人公!!

 

アントシアニンは、高いダイエット効果が見込めるほか、健康維持効果が非常に高いんです!!

 

だから、青の花茶の魅力は、アントシアニン抜きには語れないと言っても過言ではないんです。

 

そんなアントシアニンの魅力について、トップページでは書き切れなかった効果を記述していきたいと思います。

 

アントシアニンって何?

 

で、そもそもアントシアニンって何?

 

っていう話なんですけど、アントシアニンはポリフェノールの一種なんです。

 

多くの種類があるポリフェノールのひとつ、アントシアニンについて解説します。
アントシアニンとはポリフェノールの中でも、きれいな青紫色をした野菜や果物に含まれるフラボノイド系の色素がアントシアニンです。

 

出典:【医師監修】アントシアニンとは?食品や期待できる効果 | ヘルスケア大学

 

つまり、青の花茶の青色の源泉がこの、アントシアニンであると言えます。

 

そして、アントシアニンの元と言える、ポリフェノールには高いダイエット効果が期待できます。

 

アントシアニンのダイエット効果

 

脂肪燃焼効果

 

ポリフェノールは強力な抗酸化作用があり、脂肪燃焼効果も高いと言われています。

 

出典:>ポリフェノールのダイエット効果について | ポリフェノールまるわかり

 

つまり、ポリフェノールの一種である、アントシアニンは、脂肪を燃焼する効果が高いと言われているんです。

 

ある実験では、マウスにアントシアニンを混ぜた高脂肪の食べ物を与えたところ、脂肪の合成が低下して、内臓脂肪の蓄積が抑えられたという研究成果も出ています。

 

ポリフェノールを多く含むアントシアニンには非常に高いダイエット効果が見込めるんです。

 

アントシアニンの視覚改善効果

アントシアニンには視覚改善効果もあります。

 

難しい言葉を使うと、余計に理解の妨げになってしまうので、簡単に言うと、

 

私達が目で見た情報を、より正確に脳に送るよう促進してくれるんです。

 

私達の脳は、目で見た情報を一度脳に送信して、脳が様々な解釈を加えて視覚情報として認知します。通常であれば、問題なく、目で見た情報を脳に送ってくれるのですが、疲れている時に、体調が悪い時などは、視覚情報の、脳への伝達がうまくいかない場合があります。

 

疲れ目などで、目がぼやけてしまうのもその影響なんです。

 

アントシアニンの効果はその、疲れ目や目のぼやけを改善して、目で見た情報を正確に脳に送るようにけしかけてくれるんです。

 

より細かく理解するなら、こちらの文章をご覧下さい。

 

この信号を脳に伝えるのが、目の網膜にある「ロドプシン」と呼ばれるたんぱく質です。ロドプシンが光の情報を受け取り、脳が信号として受け取ることによって、私たちは「ものが見える」という感覚、すなわち「視覚」を得ることができるのです。このロドプシンは、光を受けることによって分解されます。そして、新たな光の情報を得るために再合成され、もとの状態に戻るといった一連の流れが繰り返し行われています。しかし、長時間目を使い続ける(酷使する)ことによって、ロドプシンの再合成が遅れてしまうことがあります。再合成が遅れると、目がショボつく・ぼやけるなどの疲れ目の原因にもつながります。アントシアニンは、このロドプシンの再合成を促進する働きがあり、視覚機能を改善する効果があることが明らかになっています。

 

出典:アントシアニン | 成分情報 | わかさの秘密

 

アントシアニンの花粉症予防効果

アントシアニンには、更に、花粉症の予防効果があるんです。

 

今、この記事を書いているのがちょうど春。花粉症で悩む人が増える季節です。

 

私も花粉症なので、毎年春は激しいくしゃみや鼻水に悩まされます。

 

アントシアニンはそんな花粉症や鼻水の悩みも解消してくれます。

 

花粉症のメカニズムは、簡単に言うと、体内に入ってきた花粉を身体が外に押し出そうとして、『ヒスタミン』という物質を放出します。

 

このヒスタミンが、鼻水やくしゃみを通して花粉を外に押し出そうと働きかけるんです。

 

アントシアニンにはこの、鼻水やくしゃみの元凶である、ヒスタミンの分泌を抑えてくれる効果があるんです。

 

だからこそ、アントシアニンを含む、バタフライピー、もとい、青の花茶には、『花粉症予防効果がある』と言うことができます。

 

こちらも、より詳しくはこちらを参考に。

 

●花粉症を予防する効果
アントシアニンの花粉症に対する働きや効果も明らかになっています。
花粉症の症状の代表例として、くしゃみや鼻水、目のかゆみなどが挙げられます。
体内に入ってきた花粉を有害なものとみなして、体の外へと退治しようとします。このときに「ヒスタミン」という物質が放出され、体のSOSに応えようとします。このヒスタミンが花粉を洗い流そうとして、くしゃみ・鼻水・目のかゆみといった、花粉症の症状が引き起こされる仕組みになっています。
アントシアニンには、このヒスタミンを減少させる働きがあります。花粉症にかかりやすいマウスに、普通のエサとアントシアニンが含まれるエサをそれぞれ与えたところ、前者に比べて後者のマウスは、ヒスタミンの量が60%も減少しているという結果が得られました。このことから、花粉症への予防効果が期待されています。

 

出典:アントシアニン | 成分情報 | わかさの秘密

 

アントシアニンにはこれだけ沢山の効果がある!

 

このように、アントシアニンにはダイエットだけでなくて、様々な健康への効果があるんです。

 

ここに紹介した以外にも、様々な健康への効果があります。

 

いくらダイエットしたからって、ただ痩せれば良い、と言う訳ではないですよね。

 

どんなに痩せることができても、身体が不健康では、身体にガタが来てしまいますし、生活も成り立ちません。

 

非常に高いダイエット効果と、健康維持効果をもたらしてくれるアントシアニン

 

そのアントシアニンを含む、バタフライピー。そのバタフライピーを含む、青の花茶は、このような多種多様な効果性の高さから、口コミで大人気なんです。