青の花茶 バタフライピー 効果

青の花茶のバタフライピーの効果に迫った!

青の花茶のバタフライピーの効果。

 

こんにちは!!

 

いや〜!!青の花茶。どんどん人気になっているみたいですね!!

 

青の花茶のgooleでの検索数をリサーチしたところ、販売して間もないにも関わらず、検索数がグイグイ上昇していました。それだけ、青の花茶への、世間一般の注目度が高まっているということです。

 

でも、それもある種、納得かもしれません。

 

青の花茶のイメージ画像

 

青の花茶はこれだけ、インパクトのある、奇抜な見た目をしています。

 

しかもそれだけでなくて、ダイエット効果も、美容効果も非常に高いというんだから、魅力的。

 

更に更に、味も甘くて、美味しいというんだから、利用者のハートを鷲掴みにする理由がよくわかります。

 

ところで、その青の花茶を語る上で欠かせない成分が、

 

バタフライピー

バタフライピーのイメージ画像

 

です。この見た目、色と効果の高さの大黒柱がバタフライピーなんです。

 

こちらのページでは、そんな青の花茶の超重要成分、バタフライピーについて解説していきます。

 

バタフライピーって何??

 

まずは、素朴な疑問。

 

バタフライピーとは一体何なのか?

 

私は残念ながら、紅茶マイスターではないので(笑)

 

バタフライピーの詳細効果や成分までは知らず。

 

google先生のお力をお借りしました(笑)

 

タイ語で「アンチャン」、英名「バタフライピー」と称するマメ科の植物は、タイでは庭先や公園で見かけるポピュラーなハーブ。主に使うのは花びらの部分で、タイでは古くからご飯やお菓子を青く染める天然色素として活用されています。この青い花をハーブティーとして飲用すると、いつまでも若く美しくいられるということで、タイの30?40代の女性層に特に好まれているようです。

 

出典:インパクト大の青いハーブティーが、眼精疲労を癒してくれる | cafeglobe

 

なるほど。タイではベーシックな飲み物して人々に愛されているハーブなんですね。

 

しかも、ご飯やお菓子を青くする色素として使われていたというのだから驚きですね!!

 

ただの見た目としての面だけでなくて、美容効果の面でもタイで愛され続けてきたハーブのようです。

 

で、本題はこちら。

 

バタフライピーの効果は??

 

確かに見た目は美しい。

 

でも、ただ美しいだけなら、別にバタフライピーでなければならない理由はありません。

 

青の花茶を開発したFABIUS(ファビウス)が青の花茶にバタフライピーを配合したのにはそれなりの訳があります。

 

その理由が、バタフライピーの効果の高さにあります。

 

花びらに触れるだけで指が染まるほどの青色には、アントシアニンという色素がたっぷりと含まれています。ブルーベリーに含まれることでもおなじみのアントシアニンは、高い抗酸化作用があるため、細胞の老化を防ぎアンチエイジングにも効果を発揮。眼精疲労を即効でやわらげるパワーもあるので、PCワークで目が疲れた時にはアンチャンティーでブレイクを入れるとよいかもしれません。

 

出典:インパクト大の青いハーブティーが、眼精疲労を癒してくれる | cafeglobe

 

アントシアニンについては、こちらのページでも詳しく解説しています。

 

まだまだすごいぞ!アントシアニンの効果!

 

上記引用文にも書いてあるように、バタフライピーはただ、青いだけでなくて、その中にアントシアニンの色素が入っています。

 

それが、アンチエイジングに非常に高い効果を示すことになります。

 

眼精疲労を回復する効果もあるので、身体にも目にも優しい成分となっています。

 

バタフライピーの口コミ

 

また、口コミで人気の青の花茶ですが、実はその成分である、バタフライピー単体でも口コミがあったりするんです。

 

それがこちら。

 


 

上の、Twitterでの口コミをご覧いただければわかるように、バタフライピーはその見た目と効果の高さで利用者をメロメロにしてしまう。

 

まさに、魔法のようなハーブなんです。

 

青の花茶はバタフライピーによって人気に火が付いた、と言っても過言ではありません。

 

このような、効果の高さが、青の花茶の人気を支える秘密なんですね!